vol.02

April 01, 2022

誰かの第3の居場所に。
富山の学生が運営する「寄処」。

  • #library
  • #guesthouse
  • #study
  • #コミュニティスペース
  • #読書
  • #高校生
  • #大学生

富山市中心部にある「泊まれる図書館 寄処(よすが)」は、日本中から旅人が泊まりにくるゲストハウスです。一見、学生とは無縁に思えますが、地元の高校生や大学生も多く集まる場所なんだとか。いったいどんなところなのでしょうか? 今回は富山大学に通いながら、このゲストハウスの“若女将”として運営に携わる秋元結羽さんにお話を聞いてきました。

3つの機能をもった、泊まれる図書館。

――まずは「泊まれる図書館 寄処(よすが)」について教えてください。

秋元さん:「泊まれる図書館」という名前の通り、図書館を併設したゲストハウスとして2019年10月にオープンしました。宿泊利用されるのは日本一周している旅人や、富山に長期滞在している方が中心です。

――棚には本がたくさん並んでいますね。

秋元さん:はい。文庫本やビジネス書など、地域の方々から寄付していただいた本が500冊以上あります。普通の図書館と違うのは、本というツールを使ってその場で語り合えることです。ゲストハウスと図書館と、もう一つの機能がコミュニティスペースです。

――コミュニティスペースではどんなことができるんですか?

秋元さん:1F部分がコミュニティスペースにあたるんですが、本を読んだり、勉強したり、イベントに参加することができます。金・土・日曜の17時〜21時は基本無料で開放しているので、誰でも自由に来ていただけますよ。

――ゲストハウスと聞くと敷居が高い感じがしますが、コミュニティスペースなら気軽に訪れられそうですね!

秋元さん:高校生から大学生、社会人、そして日本中から来る旅人まで…。ここには本当にいろんな人が集まってくるんです。いわゆるレールにのった人生じゃない、いろんな生き方の人に出会えるので、学生にとってはこれからの選択肢を広げられる場だと思います。

終わりがないからこそ、やりがいも大きい。

――秋元さんが「寄処」の運営に携わることになったきっかけを教えてください。

秋元さん:もともとこの場所は、社会人と富山大学生で起業した「Labore株式会社」という会社が立ち上げたんです。私はその会社のインターンシップとして携わっているかたちになります。

――具体的にはどんなことをしているんですか?

秋元さん:ここは富山県内の大学生が主体となって運営しています。客室の清掃や本のレイアウトなどの一般的な業務もありますが、ブランディング、集客、売上管理などなど…。やることも課題も山積みで、終わりがないからこそやりがいも大きいです。なかでも私はイベントの企画が好きで、これまで美容講座などのイベントを開催してきました。

――秋元さんの「若女将」という肩書きがすごく気になります。

秋元さん:実はこの肩書き、自分から名乗り出したんです(笑)。昔から旅館で働く女将さんに憧れていて。その名前がほしくて自分から名乗ってみたら、周りに親しんでいただけたり、メディアから取材依頼がくるようになりました。言葉ひとつだけど、自分のなかでも「ここの顔としてやっていこう」という覚悟がつきました。

――秋元さんの学生生活についても聞きたいです。春から大学4年生になるんですよね?

秋元さん:そうなんです。ちょうど今、就職活動の真っ最中で。「寄処」での活動を通して人と話すことや、みんなで何かを作り上げることがおもしろいと思ったので、その経験を活かせる仕事に就けたらいいなと思います。

――WAKUMAG.の読者は中高生が多いのですが、秋元さんは自身の中高生時代を振り返ってみていかがですか?

秋元さん:中高生のうちにやっておけばよかった! と思うことがたくさんあります。たとえば無料で海外に行けるプログラムがあったりするんです。チャンスはたくさんあるし、何かあれば周りの大人が助けてくれる。当時は気づかなかったけど、中高生であることが価値だったなと思います。

――最後に、中高生の読者にメッセージをお願いします。

秋元さん:今の生活に悩んでいる子は、家と学校以外に、第3の居場所を作るといいと思います。それが学生団体だったり、今の時代ならオンラインコミュニテイだったり。もしくはここ「寄処」なのかもしれません。依存できる先を増やすと同時に、そこで自分の心が動くことを見つけてほしいなと思います。

泊まれる図書館 寄処
富山市諏訪川原1-11-10
080-7996-0949

Yu Akimoto 秋元 結羽

秋元 結羽 Yu Akimoto

1999年生まれ、長野県須坂市出身。大学進学を機に富山へ。現在は富山大学経済学部4年生。また、Labore株式会社のインターン生として「泊まれる図書館 寄処」の若女将・管理人をつとめるなど、幅広く活動中。

WAKUMAG.では
取材依頼を募集しています!

活動内容を県内の中高生に知ってもらいたい・身近で
活躍している人を紹介したいなど
WAKUMAG.での発信に興味のある方は下記よりご連絡ください。

QR
Close