vol.03

April 01, 2022

「CORSO」オーナーに聞く
トレンドヘアスタイル。

  • #hairsalon
  • #hairstyle
  • #高校生
  • #中学生
  • #ヘアアレンジ
  • #トレンド

新学期がはじまる春。新しいヘアスタイルにチャレンジするのにぴったりな季節です。学生の間はしっかり校則を守りつつも、トレンドを取り入れたヘアスタイルを目指したいですよね。今回は、高岡市にあるヘアメイクアップサロン「CORSO」のオーナー・島田さんに、中高生のヘアスタイルのトレンドや、おすすめのアレンジ方法などを聞いてきました。

――NYやパリ、東京のコレクションにも参加しておられる島田さん。なんだかサロンに行くのも緊張してしまいそうですが…。中高生のお客さまもいらっしゃいますか?

島田さん:もちろんです。保育園に通う子どもから社会人まで、いろんな世代のお客さまがいらっしゃいます。学生さんは春休みや夏休みなど、長期休暇を利用して来られる方が多いですね。

――学生だと校則が厳しくて、できるスタイルが限られてしまいますよね。

島田さん:そうなんです。男性だとツーブロックがダメな学校が多いんですけど、実はツーブロックって、日本人の骨格を補正するのにいいスタイリングなんです。

――それははじめて聞きました!

島田さん:髪が耳にかかるまでの時間を考えて調整することもできるので、スタイルの持ちもよくて、ある意味家計にもやさしい。みんなWin-Winになるということを、全国の学校関係者さんに伝えたいですね(笑)。

――ほかに中高生に多い悩みはありますか?

島田さん:クセ毛についての悩みが一番多いです。ポイントとしては、朝は必ず髪をしっかり濡らして寝グセをとって、洗い流さないトリートメントをつけること。クセに合わせてカットすることで、クセがおさまるようになることもあります。

個性が出る、切りっぱなしやショートがブーム。

――まずは女子中高生向けのスタイルについて聞きたいです。

島田さん:女性には切りっぱなしヘアやハンサムショートなど、個性が出るスタイルをご提案しています。最近はロングよりショートがブームの傾向です。また、ダンスをしている子はロング、ボーイズライクな服を着る子はショートなど、自分の趣味や好きな洋服に合わせてヘアスタイルは多様化していると思います。

――セットやアレンジするときのポイントはありますか?

島田さん:スタイリング剤を使用目安の2倍くらいつけることです。国内外のコレクションやショーのヘアを担当すると、「遠くの鏡を見たとき、スタイリング剤の質感が出ていればOK」ということをよく言われます。

――つけすぎていないか不安になりそうです…。

島田さん:近くで見ている自分ではなくて、遠くから見る相手がどう思うかを考えるといいですよ。質感が出ていないと、髪がハネたりする原因にもなります。とくに髪をまとめる方は、多めにつけるのがおすすめです。

――続いて、男子中高生向けのヘアスタイルについて教えてください。

島田さん:男性にはマッシュ系やツーブロックを組み合わせたスタイルをご提案しています。最近ではBTS風をリクエストされることが多いですね。

――先ほどもあがったツーブロックなど、男性はとくに校則でダメなスタイルが多そうです。

島田さん:学校によっては、前髪が眉毛にかかってはいけないとかもありますね。その場合は前髪を斜めに切って、横に流すことで眉毛にかからなくなります。マッシュ系も前髪がかからないように作りやすいスタイルです。

――ワックスが使えない学校もありますが、スタイリングのポイントはありますか?

島田さん:ワックスの代わりに、シックニングスプレーをおすすめしています。ワックスと違ってツヤ感が出ないので、スタイリング剤がついているのがわからないんです。少しゴワゴワした質感で髪を立たせることができます。
校則を守りながらも、最大限おしゃれできるヘアスタイルを提案しているので、何か悩んでいることがあったらぜひ相談してもらいたいです。

CORSO
高岡市京田426
0766-21-4621

Yusuke Shimada 島田 裕介

島田 裕介 Yusuke Shimada

富山県出身。2006年、高岡市にヘアメイクアップサロン「CORSO」をオープン。NY・パリ・東京コレクションなど、国内外のショーにも積極的に参加。世界の最新トレンドを取り入れながら、独自のベーシックスタイルを確立している。

WAKUMAG.では
取材依頼を募集しています!

活動内容を県内の中高生に知ってもらいたい・身近で
活躍している人を紹介したいなど
WAKUMAG.での発信に興味のある方は下記よりご連絡ください。

QR
Close