vol.13

September 30, 2022

ちいさなお店が集まる
憩いの場所「サカサカ」。

  • #サカサカ
  • #ニューオープン
  • #複合施設
  • #高岡
  • #coffee
  • #sweets

高岡市坂下町に誕生した複合施設「サカサカ」。2022年3月のプレオープン以来、新しいつながりや賑わいをつくるスポットとして注目を集めています。かわいいもの・おいしいもの・たのしいことが集まっているそうですが、いったいどんなお店があるのでしょうか? 今回は、現役大学生でサカサカの広報をつとめる長津咲希さんと、個性的な2つのお店の方にお話を聞いてきました!

高岡のまちなかに誕生した、ちいさな商店街。

――まずはサカサカについて教えてください。

長津さん(サカサカ広報):もともと空き家になっていた長屋を改修して、7つのテナントとアウトドアリビングのある複合施設としてオープンしました。近くには高岡大仏や山町筋など、高岡の有名な観光スポットがあります。

――現在はプレオープン中とのことですが?

長津さん:はい。現在は7つのテナントのうち、コーヒースタンド「COFFEE KIOSK ESORA」、食と雑貨のセレクトショップ「BLUE BEE」、イベントスペース「Piilo」、美容室「Unill hair」の4つが営業しています。これからもどんどんお店は増えていく予定です。

――小さなお店が集まっていて、本当に商店街みたいですね!長津さんから中高生のみなさんに、サカサカのおすすめポイントを教えてください。

長津さん:建物の真ん中にあるアウトドアリビングは、誰でも自由に使える場所です。涼しい時期にはそこで自習したり、お店で買ったスイーツやコーヒーを楽しむのもおすすめです。高岡のまちなかにあるので、本当にふらっと遊びに来てください。イベント情報などはインスタグラムで発信するので、こちらもぜひチェックをお願いします!

初めてのコーヒー屋さんデビュー。

――続いてはコーヒースタンド「COFFEE KIOSK ESORA」のストアマネージャー、池田めぐみさんにお話をお聞きします。ここはどんなお店ですか?

池田さん:2月にオープンしたコーヒースタンドです。もともとは近くにある「いろどり喫茶店」の軒下で営業していたんですが、サカサカで実店舗を構えることになりました。コーヒーは基本テイクアウトですが、アウトドアリビングや店先で飲んでいってもらうこともできます。

――コーヒーというと、ちょっと苦くてニガテな子も多いと思うのですが…。

池田さん:私たちはコーヒー屋さんだけど、コーヒーが好きじゃない人も飲めるような飲み物をたくさん揃えています。とくに名物の「コーヒーソーダ」はぜひ味わってほしい! シュワシュワ感があって、ほとんど苦味も感じずにゴクゴク飲めると思います。

――それは気になりますね!

池田さん:実際に中学生の子から「初めてコーヒーをおいしいと思えた」と言ってもらえたこともあって。コーヒーは苦いとか、そういう先入観なしで飲んでみてほしいです。友人同士でも、家族とでも、コーヒー屋さんデビューしに来てください!

食と雑貨で、ちょっと幸せになれるお店。

――2店舗目は、食と雑貨のセレクトショップ「BLUE BEE」のマネージャー、中崎亜希子さんにお話をお聞きします。ここはどんなお店ですか?

中崎さん:高岡市役所近くにあった「とべーぐる 高岡赤レンガ店」が移転リニューアルする形で、今年2月にオープンしました。ベーグルやチーズタルトのほかに、雑貨も揃えています。

――店内から高岡のまちなかを見下ろせるのもいいですね。雑貨はどんなものを置いてるんですか?

中崎さん:ちょっとしたプレゼントになるような雑貨です。プレゼントを贈る側ももらう側も、笑顔になれるようなものを国内外からセレクトしています。もちろん自分用に買うのもおすすめです。

――ベーグルはたくさん種類があって、どれも美味しそうですね!

中崎さん:ベーグルは常時14種類揃えていて、「富山のスイートポテト」が一番人気です。日替わりでサンドやお惣菜ベーグルも登場します。チーズタルトは常時3種類あって、見た目がかわいいので手土産などにも喜ばれています。高岡駅から万葉線や徒歩で来れるので、小腹が空いたら気軽に立ち寄ってくださいね!

 

 サカサカ

サカサカ 

サカサカ
高岡市坂下町86-1
※営業時間や定休日は各店舗のInstagramを要確認

WAKUMAG.では
取材依頼を募集しています!

活動内容を県内の中高生に知ってもらいたい・身近で
活躍している人を紹介したいなど
WAKUMAG.での発信に興味のある方は下記よりご連絡ください。

QR
Close