vol.12

September 15, 2022

芸術の秋に行きたい、
中高生のための美術館案内。

  • #museum
  • #art
  • #美術館
  • #アート
  • #休日
  • #美術

みなさんは美術館に行ったことがありますか? 行ったことがあってもなくても、ちょっぴり敷居の高い場所だと感じている人が多いのではないでしょうか。美術館には心ときめく作品との出会いや、中高生もワクワクするような仕掛けがいっぱい。今回は芸術の秋に訪れたい、富山県内の美術館を3つご案内。WAKUMAG.編集部のおすすめポイントもご紹介します!

きらめくガラスと建築に思わずうっとり。

まずご紹介するのは、富山市のまちなかにある「富山市ガラス美術館」。富山駅から歩いて約20分、市内電車で約12分の距離にある美術館です。まず目を引くのがこの外観。世界的に有名な建築家・隈研吾(くまけんご)さんが設計を手がけた「TOYAMAキラリ」という建物で、この中に美術館、図書館、カフェなどが入っています。

 

400点以上もの現代ガラス作品が所蔵されている「富山市ガラス美術館」。常設展で国内外のアーティストの作品が見られるほか、多彩な企画展も開催されています。作品を鑑賞する上で注目してほしいポイントは、ガラスという素材の自由さ。形も色もさまざまで、どの作品も個性的な美しさを放っています。アートに興味がない人も、思わずうっとりしてしまうでしょう。

 

6Fのグラス・アート・ガーデンは写真撮影もOK!(ただし、SNS等への投稿はできません) 鑑賞後はミュージアムショップでお気に入りのガラス作品を探したり、和スイーツがいただける「FUMUROYA CAFÉ」でひと休みをするのもおすすめ。常設展・企画展ともに高校生以下は無料で入場できるので、気軽に足を運んでみてくださいね。

 

【施設概要】

富山市ガラス美術館

住所:富山市西町5-1

Tel:076-461-3100

開館時間:9:30~18:00(金・土曜は20:00まで)

休館日:第1・3水曜日、年末年始

観覧料:中高生無料(一般・大学生:常設展200円、企画展は展覧会ごとに観覧料が異なります。)

https://toyama-glass-art-museum.jp/

 

 

日本文化の美に没頭、和風の美術館。

続いてご紹介するのは「富山県水墨美術館」。富山駅からは市内電車を使い、最寄駅から徒歩約10分で訪れることができます。こちらは日本の近代以降の水墨画を中心に紹介する美術館。館の名前にもある「水墨」という言葉には、水墨画だけでなく、広く日本の美を表す意味がこめられているそうです。

 

自然に囲まれた静かで趣がある環境の中で、和風の平屋造りの美術館建築のほか、庭園や茶室にもご注目を。「富山にこんな場所があったんだ!」と思うほど、とにかくステキな和空間なんです。常設展示室では、近代を代表する有名な画家や、富山ゆかりの画家の作品などを見ることができます。

 

日本画や工芸などの企画展も見逃せません。訪れるタイミングによって企画展は変わりますが、いつも面白いテーマや、わかりやすい切り口で展示をされています。歴史が好きな人は、歴史上の出来事と照らし合わせながら鑑賞すると楽しいかも?

【施設概要】

富山県水墨美術館

住所:富山市五福777

Tel:076-431-3719

開館時間:9:30〜18:00(入室は17:30まで)

休館日:月曜(祝日を除く)、祝日の翌日、年末年始、臨時休館日

観覧料:高校生以下無料、常設展一般200円、企画展は展覧会ごとに設定

https://www.pref.toyama.jp/1738/

 

チューリップの町で、芸術に触れよう。

最後にご紹介するのは「砺波市美術館」です。場所はとなみチューリップフェアでおなじみ、砺波チューリップ公園の東側に隣接しています。周辺には「チューリップ四季彩館」「砺波市文化会館」など、砺波の文化を感じられる施設がいくつも集まっています。晴れた日の青空に映えそうな石造りの建物が、今回お目当ての美術館です。

 

常設展示室では、美術館が所有している地元作家の作品をはじめ、世界的な写真家の作品、日本の工芸作品などを年間を通じて紹介しています。館内には、子どもから大人まで創作活動を行えるスペースの市民アトリエがあり、サークルの創作活動や気軽に美術を体験できるワークショップを行っています。


 
2022年9月10日(土)〜10月30日(日)の期間中は、企画展「齋正機の世界展」が開催されます。日本画家・齋正機(さいまさき)さんの作品には、何気ない日常や日本の風景が優しく柔らかく描かれていて、見ているとほっこりした気分になれます。
もうすぐ芸術の秋です。友達や家族と、心温まる作品を見に訪れてみてはいかがでしょうか?

 

【施設概要】

砺波市美術館

住所:砺波市高道145-1

Tel:0763-32-1001

開館時間:10:00~18:00(入館は17:30まで)

休館日:年末年始、ほか施設点検や展示入替等による休館あり

観覧料:【常設展】一般 210円、中高生100円 【企画展】展覧会ごとに設定 ※「齋正機の世界展」は一般800円、18歳以下無料

https://www.tonami-art-museum.jp/

WAKUMAG.では
取材依頼を募集しています!

活動内容を県内の中高生に知ってもらいたい・身近で
活躍している人を紹介したいなど
WAKUMAG.での発信に興味のある方は下記よりご連絡ください。

QR
Close